シャドバ攻略3日目~マナリアウィッチを学ぶ~
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャドバ攻略3日目~マナリアウィッチを学ぶ~

ランクマッチを回す上で、一番対面することが多いウィッチですが、
主に2種類のウィッチデッキの内の1つ、
マナリアウィッチについて学んでいきたいと思います。

マナリアウィッチのデッキレシピ

マナリアウィッチの特徴

マナリアウィッチの特徴は大きく2つあります。
1つは、マナリアカードを使うことによってコストを下げる『ミラ』と『アン』を使った中盤~終盤の展開力です。
もう1つは、『アン』のファンファーレで手に入れることができる、
『アンの大魔法』によるバーストダメージでフィニッシュを狙えることです。

マナリアウィッチの対策

マナリアウィッチはコストが下がった『ミラ』と『アン』の展開力や、『アンの大魔法』によるフィニッシュを狙ってきますが、
盤面の処理という点では今ひとつというところがあります。
そのため、横への展開を意識しつつ、リーダーへの攻撃を意識していくことが大事になってきます。
また、『ミラ』『アン』以外のフォロワーはそこまで能力が高くないので、序盤に盤面を取ることが大事になってきます。
盤面の処理をポンポン行ってくるマナリアウィッチは、正直手が付けられないので諦めましょう!

対マナリアウィッチのマリガン

マナリアウィッチは序盤の盤面がもろく、除去スペルも少ないため、
横への展開を確実にしていく必要があります。
2コスト2/2をキープしましょう。
盤面の処理だけしていても、結局『アンの大魔法』にやられてしまうので、
フォロワーを優先してマリガンしましょう。

今日の学んだこと

マナリアウィッチは思ったより序盤がもろく、
盤面制圧も中盤以降しかできないことがわかりました。
除去スペルも少ないことから、
序盤のフォロワーの展開が大事であることもわかりました。

マナリアウィッチの立ち回り

学んだことを参考に立ち回りを考察すると、
まずはマリガンで2コスト2/2もしくは、
オーウェンでのサーチドローが大事なことがわかりました。
『マナリアの竜騎士』の用途はエンハンスではなく、
序盤の2コストフォロワーかつ『ミラ』『アン』のコストを下げることが目的だということもわかりました。
また、『ミラ』は7コストのため、2コストフォロワーをキープできた場合は、
『ミラ』のキープも選択肢になります。
『アン』を0コストまで下げれれば、10PPのターンであれば即『アンの大魔法』を放つことができます。
これらを総合して、序盤のフォロワーの展開と、EPは盤面の処理に使うことが重要です。

明日の学ぶこと

マナリアウィッチはデッキだけ作って回していましたが、
今日学んだことの発見が多かったので、
明日はサタンドラゴンを学んでいきたいと思います!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事